あきしまおもちゃ病院紹介

 「あきしまおもちゃ病院」は昭島市社会福祉協議会のボランティアセンターに所属するボランティアグループです。
平成17年4月に昭島市社会福祉協議会のボランティア団体に登録、活動を開始しました。
全国のおもちゃ病院の集まりである「日本おもちゃ病院協会」(三浦 康夫会長)に参加する全国300病院と共に
おもちゃ修理活動を続けて、年間600件以上のおもちゃ修理をしています。
今年の3月には昭島市社会福祉協議会から地域福祉に貢献した事により感謝状を頂きました。
新人2名を加えて、総員26名のドクターで構成され、昭島市社会保険福祉センター「あいぽっく」、「水・緑・木地」
昭島店は常設窓口、昭島市児童センター「ぱれっと」は定期窓口を、また市内の保育園、幼稚園で出張開院を
定期的に行っています。 
さらに、
環境コミュニケーションでの「ドクターと一緒におもちゃを直そう」も定例化しています。
おもちゃドクターを随時募集することになりましたので、興味がある方はメールでお問い合わせ下さい。 
私達の願い
 私達おもちゃドクターはおもちゃの修理を通じて、子供達に物の大切さと、愛着心を持つ気持を伝えると共に
ボランティア活動を通じ地域社会に貢献したいと願っています。
使い捨てになるおもちゃの多い現代、私達の「手と熱い心」でおもちゃが生き返り、喜ぶ子供達を見られることを
何よりの喜びとしています。                  
H30年度総会
平成30年4月14日あきしまおもちゃ病院の総会が開かれ、満場一致で決算報告、今期の活動計画、予算、
役員人事、会則の一部改訂などを可決しました。 
従来はおもちゃドクターになるためには養成講座の受講が必須でしたが、期の途中からでも参加できるように
会則を変更しました。
石倉代表以下、各役員が再選されました。 詳細は写真の下に記しています。
今年も総会の後にみんなでパチリ、おもちゃドクターの面々です。


H30総会 於:昭島保険福祉センター「あいぽっく」)

ボランティア団体 あきしまおもちゃ病院
代表 石倉 三雄、   副代表 盛田 朋穂
会計 白井 敦子、  会計監査 伊藤 徳和
理事 秋山 毎治、  松本 雅雄

 連絡先
 昭島社会福祉協議会
 昭島ボランティアセンター
 TEL 042-544-0388
(代)

あきしまおもちゃ病院事務局
  Mail toy-akisima@bz.kikirara.jp

 

トップに戻る